Legal X Design

大阪で働く法務パーソンのはなし

電子契約が●●Pay状態

f:id:itotanu:20210426215649j:plain

久しぶりに、電子契約のお話。
いよいよ、電子契約導入に向けて重い腰が上がりそうな我が社(何回か同じことを言っている気がしますが…)。
現在、法務ではなく、営業部門やシェアード部門の人たちが情報収集をしているらしいです。

「使いやすさ」の観点からは、この部門の人たちの視点が必要なので、大いにやってもらいたいところですが、「これがいい」と言われた電子契約サービスが、法務的にイマイチだったらどうしよう…

続きを読む

株主総会議事録の作成者は誰?

f:id:itotanu:20210425115336j:plain

緊急事態宣言中の大阪より。
当社は出社率を下げるのですが、周りを見ると出社率を変えないというところも。

さて、子会社で社長の交代が発生しました。
前社長も引き続き平取締役として残るので、登記の手間(以下記事参照)はかからなかったのですが、別のところで再び司法書士さんとの見解の相違発生。それは、株主総会の議事録作成者は誰かという問題です。

legalxdesign.hatenablog.com

続きを読む

JVにおける拒否権の定め方ー契約?種類株式?定款?

f:id:itotanu:20210418183636j:plain

合弁事業では、マイノリティとなる当事者が株主総会や取締役会で一定の拒否権を求めることが多いです。拒否権のデザイン方法には、大きく分けて、契約、種類株式、定款の3パターンがあると思います。

私の感覚では、クロスボーダーの合弁も含めて、契約で定めてそれ以上の措置をとらないことが多いように思うのですが、それだと法的保護が不十分だと難色を示すパートナーもあります。

続きを読む

株主総会の議決権行使結果と臨時報告書

f:id:itotanu:20210418180808j:plain

総会対応を専門とする弁護士の話によれば、今年の3月総会は、昨年より出席者が増えた企業が多いそうです。確かに、私が視聴した他社総会もそうでした。

当社も株主総会が終わり、一年で一番時間に終われる日が過ぎてやれやれなのですが、直前は案件が重なって忙しさがキャパシティ超え寸前で、イライラが最高潮に達しておりました…

続きを読む